謝辞掲載に関するお願い

総合医科学研究所(研究所、各キャンパス共同利用施設、元放射性同位元素実験室)と何らかの関連のある

研究成果を学会発表や論文の発表をする際には、以下の例文を参考に謝辞を記載いただきますよう、

よろしくお願い申し上げます。

(英文例1)

This study was supported by Institute for Comprehensive Medical Sciences (ICMS), Tokyo Womens Medical University.

(英文例2)

In this research work we used Institute for Comprehensive Medical Sciences (ICMS), Tokyo Womens Medical University.

(和文例1)

本研究は東京女子医科大学総合医科学研究所の支援を受けて実施した。

(和文例2)

本研究の一部は東京女子医科大学総合医科学研究所の共用機器を利用して実施した。

 

論文や学会の発表時に、題名や演題名などの詳細を下記の連絡先もしくは総研HP

問い合わせフォームにて連絡をお願い致します。

ご連絡いただいた論文は、総研HPにて紹介させていただきます。

連絡先: 総研HP問合せフォーム https://soken.twmu.ac.jp/学内専用Top/問い合わせ/

もしくは soken.bh@twmu.ac.jp(総研事務)

 

論文発表

論文

2020年6月5日 15時35分 [総研 新保 30421]
Kurokawa Yuna, Yoshida Akane, Fujii Emi, Tomioku Kanna, Hayashi Hiroki, Tanabe Kenji, Fujita Akikazu
「Phosphatidylinositol 4-phosphate on Rab7-positive autophagosomes revealed by the freeze-fracture replica labeling.」
Traffic (Copenhagen, Denmark)  20 (1) :82-95 , 2019.1   
DOI:10.1111/tra.12623
スレッドの記事一覧
論文
2020-06-05 [総研 新保 30421]
Kurokawa Yuna, Yoshida Akane, Fujii Emi, Tomioku Kanna, Hayashi Hiroki, Tanabe Kenji, Fujita Akikazu
「Phosphatidylinositol 4-phosphate on Rab7-positive autophagosomes revealed by the freeze-fracture replica labeling.」
Traffic (Copenhagen, Denmark)  20 (1) :82-95 , 2019.1   
DOI:10.1111/tra.12623

学会発表

学会発表 2020-06-05 [総研 新保 30421]
辻野賢治, 田邊賢司, 山口俊夫, 松本みどり, 木下順二
「 バクテリオロドプシンから出力される光電流測定のための電荷積分アンプ作成.」
  第67回 応用物理学会春季学術講演会,  東京都、日本,  2020/03
Marumi Kawakami, Chisen Takeuchi, Takako Takemiya
「 Endothelial Microsomal Prostaglandin E Synthetase-1 Upregulates Vascularity and Endothelial Interleukin-1β in Deteriorative Progression of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis.」
第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会 合同年会,  新潟,  2019/07
学会発表 2020-06-05 [総研 新保 30421]
TANABE Kenji
 「Image-based phenotypic profiling associated with EGF receptor trafficking and signal transduction reveals novel targets of drugs.」
SLAS2019 International Conference and Exhibition,  Washington DC, USA,  2019/02

Takako Takemiya, Marumi Kawakami, Kanato Yamagata, Shin Yasuda, Kousuke Izumi 
「A new model of attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD) related with Arcadlin.」
WFSBP Asia Pasific Regional Congress of Biological Psychiatry (WFSBP 2018 KOBE),  神戸,  2018/09

TANABE Kenji
「Image-based phenotypic profiling associated with EGF receptor trafficking and signal transduction reveals novel targets of drugs.」
SBI2 High Content 2018, 5th Annual Conference,  Boston, USA,  2018/09

Takako Takemiya, Marumi Kawakami
「Endothelial Microsomal Prostaglandin E Synthetase-1 Upregulates Vascularity and Endothelial Interleukin-1β in Deteriorative Progression of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis.」
第41回日本神経科学大会,  神戸,  2018/07

Takako Takemiya, Marumi Kawakami, Kanato Yamagata, Shin Yasuda, Kousuke Izumi
「A new model of attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD) related with Arcadlin.」
第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会,  神戸,  2018/09






学会発表 2020-06-05 [総研 新保 30421]
Takako Takemiya, Kanato Yamagata, Yoichiro Iwakura, Marumi Kawakami
「Cortical Interleukin-1 facilitates learning the spatial memory task in the water maze in young mice.」
第60回日本神経化学会大会,  仙台,  2017/09

堤多可弘, 菅原裕子, 押淵英弘, 筒井順子, 若狭偉育, 林安奈, 神庭瑠美子, 片岡利恵, 浅野瑞穂, 松井健太郎, 清水悟, 石郷岡純, 西村勝治
「 せん妄に対するアリピプラゾールの有効性・安全性に関するオープントライアル.」
第113回日本精神神経学会学術総会,  名古屋市,  2017/06
学会発表 2017-12-26 [総研 早川 26419]
● 田中正太郎、 高桑雄一. スフェロイド内細胞の構造解析・評価法の開発
シンポジウム「細胞アッセイ技術の現状と将来」、東京都目黒区、2017/01
● 田中 正太郎
セルソーターを用いたオルガネラ分画の試み~マスト細胞分泌顆粒の調製. 
第69回日本細胞生物学会、宮城県仙台市、2017/6
● 田中 正太郎中村 史雄.
生きたスフェロイド内細胞のあるがままの形と分布を計測する.
第69回日本生物工学会大会、東京都新宿区、2017/9
学会発表 2017-12-26 [総研 早川 26419]
Yuki Ichimura, Tomoaki Higuchi, Ikuko Masuda, Yasushi Kawaguchi, Hisashi Yamanaka.  
2ccPA attenuates the fibrotic phenotype of dermal fibroblasts from patientswith systemic sclerosis and bleomycin-induced skin fibrosis.
第45回日本免疫学会・学術集会、沖縄県宜野湾市、2016/12
● Tomoaki Higuchi, Yasushi Kawaguchi, Kae Takagi, Akiko Tochimoto,Yuki Ichimura, Yasuhiro Katsumata, Hisae Ichida, Hidenaga Kawasumi, Hirokazu Nishina, Mari Tochihara, Akira Nishino, Shinya Hirahara, Rina Moriyama, Hisashi Yamanaka.
Apremilast Attenuates the Fibrogenic Phenotype of Dermal Fibroblasts from Patients with Systemic Sclerosis, Contributing to the Prevention of the Progression of Experimental Dermal Fibrosis.  
ACR 2016, Washington DC. 2016/11