謝辞掲載に関するお願い

総合医科学研究所(研究所、各キャンパス共同利用施設、元放射性同位元素実験室)と何らかの関連のある

研究成果を学会発表や論文の発表をする際には、以下の例文を参考に謝辞を記載いただきますよう、

よろしくお願い申し上げます。

(英文例1)

This study was supported by Institute for Comprehensive Medical Sciences (ICMS), Tokyo Womens Medical University.

(英文例2)

In this research work we used Institute for Comprehensive Medical Sciences (ICMS), Tokyo Womens Medical University.

(和文例1)

本研究は東京女子医科大学総合医科学研究所の支援を受けて実施した。

(和文例2)

本研究の一部は東京女子医科大学総合医科学研究所の共用機器を利用して実施した。

 

論文や学会の発表時に、題名や演題名などの詳細を下記の連絡先もしくは総研HP

問い合わせフォームにて連絡をお願い致します。

ご連絡いただいた論文は、総研HPにて紹介させていただきます。

連絡先: 総研HP問合せフォーム https://soken.twmu.ac.jp/学内専用Top/問い合わせ/

もしくは soken.bh@twmu.ac.jp(総研事務)

 

論文発表

論文 2022-03-16 [総研 新保 30421]
Sayaka Hori, Shohei Mitani
The transcription factor unc-130/FOXD3/4 contributes to the biphasic calcium response required to optimize avoidance behavior.
Scientific reports 12(1) 1907-1907 2022年2月3日
論文 2021-03-19 [総研 新保 30421]
Yoshifumi Ueta, Mariko Miyata
「Brainstem local microglia induce whisker map plasticity in the thalamus after peripheral nerve injury.」
Cell Reports, 34(10), 108823 (2021) https://doi.org/10.1016/j.celrep.2021.108823
論文 2020-07-17 [総研 新保 30421]
KaoriNomura-Komoike, FuminoriSaitohHirokiFujieda

「Phosphatidylserinerecognition and Rac1 activation are required for Müller glia proliferation,gliosis and phagocytosis after retinal injury」

Scientific Reports 10, Article number: 1488 (2020)  DOI:https://doi.org/10.1038/s41598-020-58424-6

論文 2020-06-05 [総研 新保 30421]
Kurokawa Yuna, Yoshida Akane, Fujii Emi, Tomioku Kanna, Hayashi Hiroki, Tanabe Kenji, Fujita Akikazu
「Phosphatidylinositol 4-phosphate on Rab7-positive autophagosomes revealed by the freeze-fracture replica labeling.」
Traffic (Copenhagen, Denmark)  20 (1) :82-95 , 2019.1   
DOI:10.1111/tra.12623
論文 2020-06-05 [総研 新保 30421]
Kurokawa Yuna, Konishi Rikako, Yoshida Akane, Tomioku Kanna, Futagami Taiki, Tamaki Hisanori, Tanabe Kenji, Fujita Akikazu  
「Essential and distinct roles of phosphatidylinositol 4-kinases, Pik1p and Stt4p, in yeast autophagy.」 
Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids  1864 (9) :1214-1225 , 2019.9   
DOI:10.1016/j.bbalip.2019.05.004

学会発表

学会発表

2017年12月26日 15時19分 [総研 早川 26419]
● 田中正太郎、 高桑雄一. スフェロイド内細胞の構造解析・評価法の開発
シンポジウム「細胞アッセイ技術の現状と将来」、東京都目黒区、2017/01
● 田中 正太郎
セルソーターを用いたオルガネラ分画の試み~マスト細胞分泌顆粒の調製. 
第69回日本細胞生物学会、宮城県仙台市、2017/6
● 田中 正太郎中村 史雄.
生きたスフェロイド内細胞のあるがままの形と分布を計測する.
第69回日本生物工学会大会、東京都新宿区、2017/9
(更新:2017年12月26日 15時20分)
スレッドの記事一覧
学会発表
2017-12-26 [総研 早川 26419]
● 田中正太郎、 高桑雄一. スフェロイド内細胞の構造解析・評価法の開発
シンポジウム「細胞アッセイ技術の現状と将来」、東京都目黒区、2017/01
● 田中 正太郎
セルソーターを用いたオルガネラ分画の試み~マスト細胞分泌顆粒の調製. 
第69回日本細胞生物学会、宮城県仙台市、2017/6
● 田中 正太郎中村 史雄.
生きたスフェロイド内細胞のあるがままの形と分布を計測する.
第69回日本生物工学会大会、東京都新宿区、2017/9